【2021】ヤクルトスワローズのスタメン予想!開幕戦の先発ローテーションについても

2020年シーズンのヤクルトスワローズは、一時はジャイアンツ以外で唯一首位に立つこともあり序盤戦は好調でした。

しかし、終わってみれば勝利数、勝率ともに12球団ワーストの最下位に沈みました。

主砲バレンティンが抜けた穴は大きく、得点力が大幅に低下

投手陣も先発陣がふるわず、1年を通して苦しい状況でした。

今オフではチームのテコ入れをはかるべく積極的に補強をしていたので、新戦力が機能するかが重要なポイントとなるでしょう。

新シーズンの展望を考えつつ、開幕スタメンや先発ローテーションを予想してみました。

【2021】ヤクルトスワローズのスタメン予想

2021年ヤクルトスワローズ今シーズンのスタメン予想はズバリこちら。

(野球好きな筆者予想になります)

  1.   (中)塩見泰隆
  2. (左)青木宣親
  3. (二)山田哲人
  4. (一)村上宗隆
  5. (右)サンタナ
  6. (三)オスナ
  7. (遊)西浦直亨
  8. (捕)西田明央
  9.  開幕投手 小川泰弘

今シーズンの4番はやはり打率.307、28本塁打、86打点を記録した村上選手で不動でしょう。

彼の前には、ベテランながらもチームトップの打率.317、ゴールデングラブ賞を獲得した青木選手、2018年にトリプルスリーを達成した山田選手が村上選手が並びます。

後ろにはメジャーリーグ実績のあるサンタナ選手、オスナ選手の新加入組 2人の活躍次第では、他チームにとって脅威の打線になる可能性があります。

 

開幕投手はFA宣言で去就が注目されましたが、残留した小川投手が最有力。

昨シーズン、プロ野球史上82年目のノーヒットノーランを達成し10勝を挙げ、今後もエースとしての活躍を期待されています。

 

2020年シーズン開幕でのスタメン一覧は次の通りです。

  1.   (一)坂口 智隆
  2. (二)山田哲人
  3. (左)青木宣親
  4. (三)村上宗隆
  5. (中)塩見泰隆
  6. (右)雄平
  7. (遊)エスコバー
  8. (捕)嶋基宏
  9. 開幕投手 石川雅規

村上選手、青木選手の目を見張るような活躍はあったものの、バレンタイン選手の退団はやはり大きなマイナスでした。

チームの得点力は1試合平均得点が4.6から3.9に大きく下がってしまいました。

メジャーリーグでゴールドグラブ賞も獲得したことのあるエスコバー選手を獲得したものの、104試合に出場し本塁打はわずか1本。

もともと長打力が売りの選手ではないにせよ、期待が大きく外れてしまいました。

[quads id=6]

【2021】ヤクルトスワローズの戦力分析

2021年のヤクルトスワローズ戦力分析を下記にまとめました↓

打撃力 村上選手という大黒柱をいかに回すかがポイントであり、なおかつ5番が重要。

外国人や内川選手で固定できると得点力がアップする。

守備力 西浦選手のショートで固定できるかが結果を出せるかがポイント。

捕手がまだ流動的であり中村選手、嶋選手で固定していきたい。

投手力 今年もローテの固定は難しい陣容であるが、その分若手に期待。

奥川選手、高橋選手、木澤選手、長谷川選手あたりが入ってくると数年安泰。

機動力 山﨑選手、山田選手以外走れる選手が少ない。

爆発力が少ない分、機動力アップが急務。

選手層 中山選手、宮本選手、奥村選手など若手は着実に育っている。

坂口選手、川端選手、内川選手を休ませながら若手を起用していってほしい。

[quads id=6]

【2021】ヤクルトスワローズ開幕戦での先発投手やローテーション

2021年シーズンの先発ローテーション予想は次の通りです。

(野球好きな筆者予想になります)

  1.  小川泰弘
  2. 石川雅規
  3. スアレス
  4. サイスニード
  5. 歳内宏明
  6. 木澤尚文

2年連続のチーム防御率セ・リーグワーストを記録した投手陣ですが、新戦力の加入もありまだ未知数。

エース小川投手を主軸にベテランとして実績のある石川投手と、ケガがちながら昨シーズンは防御率2.67だったスアレス投手が、安定して登板できれば期待が膨らみます。

注目はメジャーリーグ通算26試合登板の新助っ人・サイスニード投手。

全てリリーフ登板でしたが、ヤクルトスワローズでは先発起用が濃厚です。

奪三振能力が高く、リリーフ登板時の数字ではありますが、通算奪三振率10.24を記録しています。

さらに、1軍キャンプ入りを果たしたドラフト1位の即戦力右腕・木澤投手も先発ローテーションに新たな風を吹き込んでくれると期待しています。

[quads id=6]

【2021】ヤクルトスワローズの注目選手は?

2021年ヤクルトスワローズの注目選手は、木澤尚文投手です。

慶應大からドラフト1位で獲得したMax155キロの即戦力右腕。

1軍キャンプ入りしてからの投げ込みでは、青木選手からも絶賛されるほどの投球を見せています。

力のあるストレートにカットボールを織り交ぜた投球で、大学時代は高い奪三振率を誇っていました。

最下位脱出に欠かせない先発ローテーションの強化に向け、彼の活躍に期待したいです。 [quads id=6]

まとめ

今回は、

【2021】ヤクルトスワローズのスタメン予想!開幕戦の先発ローテーションについても

といった内容を紹介しました。

今シーズン、ヤクルトスワローズが最下位を脱するためには打線、投手陣ともに新戦力の活躍は欠かせません。

当然ならがら、既存戦力が実力を発揮することが前提となりますが、新外国人選手や若手の台頭がなければ、また苦しむかもしれません。

就任2年目の高津監督が既存戦力と新戦力をどううまく機能させていくか、その采配にも注目です。 最後までお読みいただきありがとうございました。

\↓ほか球団のスタメン予想はこちら↓/

セ・リーグ

パ・リーグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。