【2021】阪神タイガースのスタメン予想!開幕戦の先発ローテーションについても

2020年シーズンの阪神タイガースは開幕から2勝8敗と出遅れ、読売ジャイアンツの独走を許す一因となりました。

その後の展開を不安視されましたが、最終的に60勝53敗の2位でシーズンを終えられたのはチームの底力によるものでしょう。

矢野体制3年目を迎える新シーズン。

2005年以来16年ぶりのリーグ優勝を狙い、チームの世代交代を進めています。

安定した投手陣は今シーズンも期待大です。

優勝するためには、課題となっている守備力と打撃力をどこまで向上できるかがポイントとなるでしょう。

期待の新戦力とともに、鍵となる選手をどう起用するのかを予想してみました。

それではさっそくみていきましょうー。

【2021】阪神タイガースのスタメン予想

2021年タイガース今シーズンのスタメン予想はズバリこちら。

(野球好きな筆者予想になります)

  1. (中)近本光司
  2. (二)糸原健斗
  3. (右)ロハスJr.
  4. (三)大山悠輔
  5. (一)サンズ
  6. (左)佐藤輝明
  7. (捕)梅野隆太郎
  8. (遊)木浪聖也
  9. 開幕投手 西勇輝

不動といえるのは1番近本選手と4番大山選手です。

3年目の近本光司選手はシーズン序盤の不振に苦しむも、終わってみれば打率.293のうえ、2年連続の盗塁王も獲得しました。

4番の大山悠輔選手は昨シーズン本塁打王争いに加わり、キャリアハイの28本塁打を放ち飛躍の1年でした。

矢野監督からの期待も大きく、アクシデントなどがなければ固定されるでしょう。

捕手は3年連続ゴールデン・グラブ賞の梅野隆太郎捕手

ドラフトで獲得に成功した大学生No.1スラッガー・佐藤輝明選手は期待を込めて6番に。

さらに、韓国プロ野球(KBO)で47本塁打と135打点で二冠、MVPを受賞したメル・ロハスJr.外野手も獲得し、打撃力は間違いなく向上しています。

2020年シーズン開幕でのスタメン一覧は次の通りでした。

  1. (右)糸井嘉男
  2. (中)近本光司
  3. (三)マルテ
  4. (一)ボーア
  5. (左)福留孝介
  6. (二)糸原健斗
  7. (遊)木浪聖也
  8. (捕)梅野隆太郎
  9.  開幕投手 西勇輝

「バースの再来」と言われた新助っ人ボーアが期待外れに終わり1年で退団。

昨シーズンのチーム打撃成績は次の通りで、得点力不足でありながら機動力と投手力でカバーした結果が2位につながりました。

阪神タイガース2020成績

  • 打率.246(5位)
  • 本塁打110本(4位タイ)
  • 472打点(4位)
  • 80盗塁(1位タイ)

守備では12球団ワーストの85失策を記録するも、天然芝の甲子園を本拠地にしていることも考慮すべきです。

チーム防御率は3.35で12球団3位だっただけに、2021年は失策をどれだけ減らせるかが重要になります。

【2021】阪神タイガース戦力分析

2021年の阪神タイガース戦力分析を下記にまとめました↓

打撃力 大山選手が一本立ちした印象であるが今年の成績次第。

その他3番候補が不在であり、本塁打が打てる選手を育てるのが急務。

守備力 ショート、セカンドが固定されてくれば強固になる。

右翼、左翼も外国人、佐藤選手、糸井選手が争うが守備力が不安視される。

投手力 藤浪選手次第といえる。

西選手、秋山選手の二本柱が今年も最低二桁必須、高橋遥選手が二桁勝ってくると脅威になってくる。

機動力 近本選手を中心に走れる選手が多い。

積極的にチャレンジしていけば脅威になる。

選手層 若手が徐々に育っているが結果を出せていない。

井上選手を使うなど数年後を見越すことも必要。

【2021】阪神タイガース開幕戦での先発投手やローテーション

2021年シーズンの先発ローテーション予想は次の通りです。

  1. 西勇輝
  2. 秋山拓巳
  3.  アルカンタラ
  4.  藤浪晋太郎
  5.  チェン
  6.  高橋遥人

11勝5敗、防御率2.26と安定感抜群だった西勇輝選手と、11勝3敗、防御率2.89の秋山拓巳選手を中心に、新戦力が加わり一級品ともいえる投手陣に。

韓国プロ野球(KBO)からは20勝2敗、防御率2.54、182奪三振で最多勝と最高勝率の2冠に輝いたカンタアルラ選手が加入です。

さらに千葉ロッテから獲得したチェン選手、そして復活を目指す藤波晋太郎選手らが控え、セ・リーグNo.1の先発陣であることは間違いありません!

中継ぎ抑えも人数も質もリーグ屈指のものがあリマスので、やはり注目は藤波選手が
どこで起用されるかですね!

阪神タイガースの注目選手は?

阪神タイガースの注目選手は愛称が「ゴリラ」の陽川尚将選手です。

2013年に入団した陽川は今シーズン71試合に出場し、打率.247、自己最多の6本塁打、24打点でした。

得点圏打率は.318を記録。

シーズン終了後は和田監督からMVPに指名されました。

今後の活躍が期待されており、今シーズンの目標にレギュラー定着と本塁打20本を掲げているだけに非常に期待しています。

まとめ

今回は、

【2021】阪神タイガースのスタメン予想!開幕戦の先発ローテーションについても

といった内容を紹介しました。

抜群の投手力と機動力で王者・読売ジャイアンツに挑む今シーズンの阪神タイガース。

課題の守備力と補強により強化された打線が16年ぶりの優勝の鍵を握ります。

戦力が充実した阪神タイガースと読売ジャイアンツの伝統の一戦は、より一層熱い戦いが期待できそうです。

1日も早くコロナが収束し、満員に沸く甲子園球場の雰囲気が戻ってくることを願いたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

\↓ほか球団のスタメン予想はこちら↓/

セ・リーグ





パ・リーグ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です