【2021】マー君の推定年俸と推移は?楽天イーグルスの年俸ランキングについても紹介

日本球界への電撃復帰が決まり、すでにキャンプでブルペン入りもしている楽天の田中将大投手

早くもマー君の話題で大盛り上がりの日本球界ですが、その活躍が期待されている中、やはり気になるのがお金の話。

プロスポーツ選手とは切っても切れない年俸についてです。

今回は2021年のマー君の推定年俸や、楽天イーグルスの年俸ランキングについて徹底解説していきます。

それではさっそくみていきましょうー。

【2021】マー君の推定年俸と推移は?

楽天との契約は2年契約で、推定年俸9億円+出来高と報じられています。

メジャーリーグを基準にすると少なく感じるかもしれませんが、これは読売ジャイアンツの菅野智之投手の年俸8億円を超え、日本球界史上最高額とされています。

これまでの実績からすると当然の金額ですし、現時点では彼を超える存在は日本にはいないでしょう。

マー君が2007年に楽天へ入団した時の、1年目の年俸は1500万円でした。

その年は新人王とゴールデン・ルーキー賞を獲得し、2008年の年俸は一気に6000万円へアップします。

さらに2年後、2010年の年俸は1億8000万円にまで到達しました。

メジャーリーグ挑戦の前年2013年はすでに年俸4億円プレイヤーとなっていたので、驚異的な推移を見せています。

(ちなみに、この年は開幕から24連勝で無敗という伝説的な活躍を見せたシーズンでした。)

メジャーリーグ移籍では名門ヤンキースと7年総額約155億円の超大型契約を結び、単年22億円という巨額の年俸を勝ち取ります。

これにより、マー君が2020年までに獲得した生涯年俸は168億円超というとてつもない金額になっています。

現在32歳という年齢を考えると、生涯年俸200億円超えも現実のものとして見えてきますし、マー君クラスであればもはや驚くには値しない領域ですよね。

マー君の過去の年俸はどれくらい?

ここからはマー君の過去の年俸を見てみいきましょう。

まずは日本プロ野球時代ですが、右肩上がりの増え方がすさまじいです。

楽天時代の年俸

2007年  1500万円
2008年 6000万円
2009年 9500万円
2010年 1億8000万円
2011年 2億円
2012年 3億2000万円
2013年 4億円

 

次にメジャーリーグ時代を見てみましょう。

楽天時代の4億円から22億円まで一気に跳ね上がりました。

ヤンキース時代の年俸(1ドル100円換算)

2014年 22億円
2015年 22億円
2016年 22億円
2017年 22億円
2018年 22億円
2019年 22億円
2020年 22億円

ヤンキースとの契約は7年だったので年俸の推移は一定でした。

日本とメジャーリーグの違いと言われればそれまでですが、メジャー移籍後のあまりの金額差に言葉を失います。

これぞまさにアメリカンドリームですね!

楽天イーグルスの年俸ランキングを紹介

つぎに、楽天の選手たちの年俸を上位10名までランキングにしてみました。(2020年1月26日時点)

1位 浅村栄斗 5億円
2位 則本昂大 3億円
3位 岸孝之 2億5000万円
3位 松井裕樹 2億5000万円
5位 鈴木大地 2億円
6位  涌井秀章  1億6000万円
7位  アラン・ブセニッツ  1億5600万円
8位  島内宏明  1億2000万円
9位 銀次 1億1000万円
9位  牧田和久  1億1000万円

 

上位10名はすべて億を超えています。

浅村選手に至っては5億円の高年俸です。

昨シーズンはプロ野球の歴史が始まって以来、初めて全選手(日本人選手のみ)の平均年俸が4000万円を超えた年でした。

中でも楽天の伸び率は急激で、2010年から1739万円も上昇し、昨シーズンは5100万円となっています。

これは全球団の中でもソフトバンクホークス、読売ジャイアンツについで3位という驚きの結果です。

 

ちなみにマー君の年俸9億円は、他の選手と比較してもその破格ぶりが際立っています。

浅村選手の5億円をはるかに上回り、楽天年俸ランキング5位から9位までの6名の年俸を合計しても、マー君1人に届きません…

この比較からも、いかにマー君の実績が評価されているかが分かります。

高年俸チームの中でも絶対的存在として、すでにその地位を不動のものとしていますね。

まとめ

今回は、

【2021】マー君の推定年俸と推移は?楽天イーグルスの年俸ランキングについても紹介

といった内容を紹介しました。

日本球界史上最高額の推定年俸9億円で帰ってきた楽天の偉大なエース田中将大。

コンスタントに活躍し続けてきたからこそ、常に右肩上がりに推移してきた年俸額です。

その大きな期待を背負って復帰した楽天で、どのような活躍を見せてくれるのか今から楽しみですよね。

今後も日本史上最高年俸を更新するのか?

試合とはまた別の楽しみとしてぜひ注目していきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です