【2021】高校野球選抜の優勝チーム予想は?戦力分析についても

第93回選抜高校野球大会『春のセンバツ甲子園2021』の組み合わせ抽選会が、2月23日に史上初のオンラインで行われました。

3月8日からは入場券の販売も「全席前売り指定」のオンライン販売のみで開始されています。

観戦者の上限は新型コロナウイルス感染症の影響もあり、1試合1万人となります。

また、アルプス席は一般販売されず出場校限定となります。

このように、3月19日から阪神甲子園球場で開幕する今年の選抜高校野球大会は、異例の形での開催となるでしょう。

そこで今回は、開幕に先駆けて優勝チーム予想や戦力分析を行ってみたので、ぜひチェックしてみてください。

 

【2021】高校野球選抜の優勝チーム予想は?

結論からお伝えすると、今年の選抜高校野球の優勝チームはズバリ「大阪桐蔭」です!

(高校野球好きな筆者予想になります)

この投稿をInstagramで見る

團 琉登(@__rxx424)がシェアした投稿

なぜなら「大阪桐蔭」は松浦投手と関戸投手のWエースをようし、U-15日本代表選手が6名いる強力なチームです。

春夏通算8度の優勝をほこり、2018年には2012年以来となる2度目の春夏連覇を達成しています。

これは史上初の快挙で、わずか6年間で成し遂げた偉業なのです。

卒業生からは多くのトッププロを輩出しています。

総合力で他チームを上回り、優勝候補の最有力でしょう!!

【2021】高校野球選抜の戦力分析について

ここからは、優勝候補筆頭の大阪桐蔭と、その対抗馬を予想して戦力分析してみましょう。

その前に筆者が予想するベスト8校を、各部門ごとに数値化してみました。

明徳義塾から大崎までがAブロック。

市立和歌山から中京大中京までがBブロックとなります。

 

ブロック ベスト8校 打撃力 守備力 投手力 機動力 選手層
Aブロック 明徳義塾 3 4 4 4 4
健大高崎 5 3 4 4 4
東海大相模 3 4 4 3 4
大崎 3 5 4 3 3
Bブロック 市立和歌山 2 3 4 3 3
大阪桐蔭 5 4 5 4 5
東海大菅生 4 4 4 5 4
中京大中京 4 3 5 3 5

優勝予想はBブロックの大阪桐蔭としたので、Aブロックからは健大高崎が決勝まで進むと予想します。

それでは、両チームの戦力を詳細に解説してみましょう。

 

大阪桐蔭

打撃力

チーム打率、ホームランともに出場校の中でトップレベルです。

特に4番の池田選手は3本塁打、打率5割越えと打ちまくっています。

 

守備力

公式戦11試合でわずか5失策と非常に安定しています。

どの選手も動きが良く、守備範囲も広いです。

 

投手力

左の松浦投手、右の関戸投手ともに150キロを超える速球が投げられます。

特に松浦はエースとして、昨年はほぼ一人で投げました。

他の投手もレベルが高く、強力な投手陣を誇っています。

 

機動力

チーム盗塁数は35個。

強力打線ですが、しっかりと次の塁を狙う姿勢は素晴らしいです。

 

選手層

ベンチ入りしている誰がスタメン出場しても、しっかりとプレーでき非常に贅沢なメンバーです。

 

健大高崎

打撃力

チーム本塁打数が15本と、他のチームを圧倒しています。

打率も高く打線に切れ目がありません。

 

守備力

チーム失策が1試合平均約1個です。

打たせて取る投手陣なだけに、ここがカギを握りそうです。

 

投手力

4人の投手の継投が見られそうです。

エース高松投手を筆頭に、全員が安定した投球ができます。

 

機動力

健大高崎といえば機動力野球。

今年も盗塁数は27個と積極的走塁で魅せます。

 

選手層

どの打者でもホームランが期待できます。

複数の投手がいて投打とも充実しています。

【2021】高校野球選抜チームの日程紹介

ここからは今年の選抜高校野球出場全チームを試合日順にご紹介します。

 

3月19日(第1日)

1回戦

  • 第1試合 神戸国際大附(兵庫) - 北海(北海道)
  • 第2試合 明徳義塾(高知) - 仙台育英(宮城)
  • 第3試合 健大高崎(群馬) - 下関国際(山口)

 

3月20日(第2日)

1回戦

  • 第1試合 宮崎商(宮崎) - 天理(奈良)
  • 第2試合 三島南(静岡) - 鳥取城北(鳥取)
  • 第3試合 東海大相模(神奈川) - 東海大甲府(山梨)

 

3月21日(第3日)

1回戦

  • 第1試合 具志川商(沖縄) - 八戸西(青森)
  • 第2試合 福岡大大濠(福岡) - 大崎(長崎)
  • 第3試合 明豊(大分) - 東播磨(兵庫)

 

3月22日(第4日)

1回戦

  • 第1試合 市和歌山(和歌山) - 県岐阜商(岐阜)
  • 第2試合 智辯学園(奈良) - 大阪桐蔭(大阪)
  • 第3試合 広島新庄(広島) - 上田西(長野)

 

3月23日(第5日)

1回戦

  • 第1試合 東海大菅生(東京) - 聖カタリナ(愛媛)
  • 第2試合 柴田(宮城) - 京都国際(京都)
  • 第3試合 常総学院(茨城) - 敦賀気比(福井)

 

3月24日(第6日)

1回戦

第1試合 中京大中京(愛知) - 専大松戸(千葉)

 

第1日目の第2試合では明徳義塾vs仙台育英という好カードが実現しました。

驚きなのが第4日目の2カードです!

第1試合が市和歌山vs県岐阜商という実力校の戦いに!!

そして第2試合は、智辯学園vs大阪桐蔭という今大会屈指のカードになりました。

まさか、智辯学園と大阪桐蔭が1回戦から顔を合わせることになるとは。

これは昨年の近畿大会決勝と同一カードとなります。

当時は智辯学園が大阪桐蔭を下して優勝しているので、どちらが勝っても不思議ではありません。

まとめ

今回は、

【2021】高校野球選抜の優勝チーム予想は?戦力分析についても

といった内容を紹介しました。

コロナ禍での開催となる今年の選抜高校野球。

優勝チーム予想は総合力と実績をもとに大阪桐蔭としました。

とはいえ、同ブロックには東海大菅生や中京大中京が入っているので、勝ち上がるのは簡単ではありません。

1発勝負のトーナメントでは何が起こるか予測がつかないものです。

だからこそ手に汗握る試合が多いのが高校野球ですよね!

今年も球児たちの真剣な姿に、感動を得られる大会になることでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です