【2021】浦和レッズ開幕戦のスタメン予想!フォーメーションや注目の選手についても

大槻毅監督となって2年目を迎えた2020年シーズンの浦和レッズ。

一昨年は14位に甘んじ巻き返しをはかったシーズンでしたが、13勝7分14敗で10位という結果でした。

チームの立て直しができず、退任した大槻監督の代わりに就任したのは、2020シーズンのJ2制覇で、J1昇格を果たした徳島ヴォルティスのリカルド・ロドリゲス監督。

今回は2021年シーズンに向け、補強を行った浦和レッズの開幕戦のスタメン、フォーメーションや注目の選手についてご紹介します。

それではさっそくみていきましょう。

【2021】浦和レッズ開幕戦のスタメン予想

2021年浦和レッズ今シーズンのスタメン予想はズバリこちら。

(サッカー好きな筆者予想になります)

  • GK 西川周作
  • DF 西大伍
  • DF 岩波拓也
  • DF 槙野智章
  • DF 山中亮輔
  • MF 金子大毅
  • MF 柴戸海
  • MF 田中達也
  • MF 汰木康也
  • FW 武藤雄樹
  • FW 杉本健勇

2021シーズンに向けて浦和レッズが補強したのはFW以外の選手でした。

「声を掛けてもらった時に、特に迷わず決めた」と、ヴィッセル神戸から移籍を即決したDFの西大伍選手。

橋岡大樹選手がベルギー1部リーグのシント=トロイデンVWへ移籍したため、守備力低下が心配されていましたが、経験豊富な西選手に期待です。

中盤は層を厚くする狙いもあり、大分トリニータから田中達也選手湘南ベルマーレから金子大毅選手を獲得しています。

田中選手はサイドで、金子選手は柴戸選手とダブルボランチを形成して中盤を支えます。

 

FW陣は新シーズン開幕を目前に控えて厳しい状況に。

まずは2月22日に発表されたFWレオナルド選手の移籍です。

昨シーズン11得点をあげ、チーム得点王だったレオナルド選手が中国スーパーリーグの山東魯能泰山へ完全移籍することになり、エースがいなくなってしまいました。

 

また、昨シーズン10得点、J1通算157得点をあげJ1シーズン連続2桁得点記録を9年に伸ばした興梠慎三選手は、怪我の影響で開幕戦の出場微妙です…

順調に回復し練習にも合流しており、開幕戦のベンチ入りも確定的ですが、スタメン出場は可能性が低いです。

なので、トップ下での起用が予想されていた武藤雄樹選手と杉本健勇選手が、開幕戦の2トップを担うと予想します。

【2020】開幕戦での浦和レッズのスタメン一覧

2020年シーズン開幕でのスタメン一覧は次の通りです。

  • GK 西川 周作
  • DF 橋岡 大樹
  • DF 岩波 拓也
  • DF 鈴木 大輔
  • DF 山中 亮輔
  • MF 関根 貴大
  • MF 柏木 陽介
  • MF 柴戸 海
  • MF 汰木 康也
  • FW レオナルド
  • FW 興梠 慎三

チームの立て直しをはかった2年目の昨シーズンは開幕前から危ぶむ声はあったものの、シーズン序盤は良いスタートを切りました。

しかし、守備陣の不安定さの露呈や、上位陣相手の負け試合も多く徐々にチームが機能しなくなります。

 

終わってみれば収穫がなく、課題ばかりが残ったシーズンでした。

3失点以上の試合が8試合もあった守備陣に、12試合でノーゴールの攻撃陣。

コロナウイルス感染症の影響があったとはいえ、チーム再建の道のりは厳しいものでした。

【2021】浦和レッズの開幕戦予想フォーメーション

2021年シーズン浦和レッズのフォーメーション予想は4-4-2です。

(サッカー好きな筆者予想になります)

メインはこのフォーメーションですが、ロドリゲス監督は他のフォーメーションを使うことも予想されます。

そのため、複数のポジションをこなせるユーティリティ性を持った選手の起用をするでしょう。

【2021】浦和レッズの注目選手

浦和レッズの2021年シーズン注目選手は武藤雄樹選手です。

中盤や前線でのつなぎ役としての能力を持ち、レオナルド選手の移籍がなければトップ下での起用が予想されていました。

なぜなら、前線への飛び出しからの得点力に大きな期待が持てるからです。

しかし、レオナルド選手の移籍と興梠選手の怪我により、開幕はFWからのスタートとなる可能性が高いので、どこまで得点力を見せてくれるかに期待しています。

まとめ

今回は、

【2021】浦和レッズ開幕戦のスタメン予想!フォーメーションや注目の選手についても

といった内容を紹介しました。

昨シーズンは目標としていた「ACL出場権獲得」と「得失点差+2桁」が未達に終わり、期待を裏切る結果に。

新体制となり、かつての輝きを取り戻すべく新シーズンに向け新戦力も補強しました。

今季も期待と不安が入り混じる浦和レッズですが、西選手や田中選手ら新加入の戦力に期待が高まります。

攻撃陣の戦力ダウンはあったものの、チームの方針として若手の台頭を促す年にする考えも披露されています。

経験豊富な中盤の選手を中心に新しい力が現れれば、チームの活性化につながるので注目していきたいですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です