愛犬はデコピン『大谷翔平』がドジャースを選んだ理由を徹底解説! 

愛犬はデコピン『大谷翔平』がドジャースを選んだ理由を徹底解説! 

これまでに数々の偉業を達成し世界中の野球ファンを驚かせているのが、来季ロサンゼルス・ドジャースへの入団が決まっている大谷翔平選手です。エンゼルスからフリーエージェント(FA)となり、次の移籍先に注目が集まっていた大谷翔平選手でしたが、2023年12月9日に自身のインスタグラム上でドジャース入団を発表しました。そこで今回は、大谷翔平 ドジャースを選んだ理由についてまとめてみました!

まずは大谷翔平(おおたに しょうへい)のプロフィールから!

  • 生年月日:1994年7月5日
  • 年齢:29歳
  • 出身地:岩手県
  • 身長:193cm
  • 体重:3kg
  • 血液型:B型
  • 出身校:花巻東高等学校
  • ポジション:投手/指名打者/外野手
  • 所属チーム:ロサンゼルス・エンゼルス

花巻東高等学校時代は1年生の秋からエースを務め、「みちのくのダルビッシュ」と称され全国から注目。また、投手と打者を兼任する二刀流選手としても話題となっていた大谷選手は、2013年ドラフト1位で日本ハムファイターズに入団。2016年には、日本プロ野球史上初となるベストナイン賞、ベストDH賞のダブル受賞に加え、リーグMVPに輝いています。2018年から米大リーグのロサンゼルス・エンゼルスに移籍。メジャーでも数々の記録を残し、2024年シーズンはロサンゼルス・ドジャースへの移籍を発表。10年総額7億ドル(約1014億円)の超大型契約で、メジャー史上最高額、北米スポーツ史上最高額ということでも注目を集めました。

大谷翔平 ドジャース入団を決断の理由は?

2023年12月14日、ロサンゼルスのチーム本拠地ドジャースタジアムで入団記者会見に臨んだ大谷翔平選手。約25分間の記者会見の中で大谷翔平選手はドジャース入団の心境や、ドジャース入りを決断した理由、今後のビジョン、愛犬の名前などについて語りました。ここでは大谷翔平 ドジャース入団を決断した理由について徹底解説します。

大谷翔平 ドジャースを選んだ理由①MLBの「常勝軍団」

ドジャースは19世紀から存在し、これまでに地区優勝21回、リーグ優勝24回、ワールドシリーズ優勝7回を誇る米大リーグ屈指の名門です。ここ最近では、ナショナルリーグ西地区で2013年から10年連続地区優勝を飾り、11年連続でポストシーズンに進出。ただ、ポストシーズンではなかなかタイトル獲得までには至らず、リーグ優勝は2017、2018、2020年の3度で、ワールドシリーズを制したのは2020年のみとなります。世界一まであと一歩のドジャースでプレーすることは、大谷選手のモチベーションに繋がるはずです。

大谷翔平 ドジャースを選んだ理由②空いたDHスポット

ドジャースのDHですが、2022年はジャスティン・ターナー選手(現・レッドソックス)と、マックス・マンシー選手で回していましたが、今季はJD・マルティネス選手を1年契約で獲得。これは大谷選手獲得後を見据えた動きと言われていました。JD・マルティネス選手は110試合出場し、33本塁打、103打点を記録。しかし球団はJD・マルティネス選手にクオリファイング・オファーを出しておらず、来季ドジャースのDHスポットは空席となりました。

大谷翔平 ドジャースを選んだ理由③ドジャースの資金力と予算

ニューヨークに次ぐ全米第2の都市、ロサンゼルスのビッグマーケットに本拠地を置くドジャース。今季のチーム総年俸2億4000万ドル(約361億円)は全体6位だったものの、近年は全体1位の常連です。来季は大谷選手を獲得する前まで1億2291万ドルで全体15位だったため、大谷選手に年俸7000万ドルを支払っても、ぜいたく税の課税ラインである2億3700万ドルまで余裕があったそうです。

大谷翔平 ドジャースを選んだ理由④充実した医療サポート

ドジャースのチームドクターを務めるニール・エラトロッシュ医師は、大谷選手の9月の右肘靱帯手術だけではなく、2018年10月のトミー・ジョン手術(右肘)も担当しています。ニール・エラトロッシュ医師はトミー・ジョン手術のパイオニアであるフランク・ジョーブ博士の愛弟子で、米国スポーツ界を代表する名医とのこと。また、現在ドジャースの理学療法士を務めるバーナード・リーさんは、かつてエンゼルスに在籍。大谷選手が2018年10月右肘トミー・ジョン手術、2019年9月左膝手術を受けた時は、パフォーマンス・ディレクター兼理学療法士として、大谷選手の長いリハビリ生活を支えました。

大谷翔平 ドジャースを選んだ理由⑤高校時代からスカウティング

花巻東高等学校1年時から大谷を熱心にスカウティングしていたドジャース。大谷選手も高校卒業後に入団した北海道日本ハムファイターズから説得されるまで、高校卒業後はドジャースに入団するつもりでいたそうです。2017年オフのメジャー挑戦時は7球団が交渉に参戦しましたが、ドジャースは最終面談にクレイトン・カーショーらスター選手を送り込み、大谷選手獲得に乗り出していたそうです。

まとめ

今回は、来季ロサンゼルス・ドジャースでプレーすることが決まっている大谷翔平選手の、ドジャースを選んだ理由についてまとめてみました。投打で活躍し、数々の偉業を成し遂げ、受賞ラッシュの大谷翔平選手。ドジャースで過ごすこれからの10年、新たな偉業を達成し、世界中の野球ファンを興奮させてくれるのではないでしょうか。野球の歴史を変える可能性を持つ選手と言われている大谷翔平選手、来季の活躍を楽しみにしています!