【東京】GOTOトラベル再開の期間はいつから?除外はいつまでなのかについても

新型コロナウイルス感染症の感染拡大で緊急事態宣言下にあった東京都。

感染者数が下げ止まっていたものの、2ヶ月半続いていた緊急事態宣言は3月21日をもって全面解除されました。

長く続いている自粛にストレスが溜まっている人も多いことでしょう。

何か気分転換をしたいところですよね。

そこで気になるのがGoToトラベルキャンペーンの再開です。

昨年12月半ばから停止している東京都のGoToトラベルですが、今後の再開見通しについて調査したのでご紹介します。

東京のGOTOトラベル再開の期間はいつから?

全国で一斉停止中のGoToトラベルですが、東京都ではいつから再開されるのでしょうか?

3月22日の参院内閣委員会で、西村康稔経済再生担当相は「全国として再開していくのはなかなか難しいと判断している」と述べています。

また、赤羽一嘉国土交通相も3月16日の会見で、GoToトラベルがすぐにでも再開されるかのような憶測報道を否定しました。

現時点では、何も決まっていないというのが本当のところです。

今後最新の情報が分かり次第更新します。

東京のGOTOトラベル現在の状況

東京のGOTOトラベル現在の状況ですがインバウンド需要が消え、東京オリンピックでの経済効果もなくなり、頼みの綱だったGoToトラベルも停止されている現在の状況は深刻です。

東京都を目的地としたGoToトラベルキャンペーンは2020年12月18日から停止しています。

全国一斉停止となった2020年12月28日より10日早く停止しましたが、稼ぎ時だった年末年始から続く状況に、旅行会社や宿泊業者は悲鳴をあげています。

その後も感染拡大が止まらず、緊急事態宣言下でも感染者数は下げ止まってしまい、停止解除の見通しは立っていません。

東京のGOTOトラベル除外はいつまでを予想

GoToトラベルキャンペーン再開の見通しが立たない中、一つの目安となるのが感染状況です。

政府の分科会からは「感染状況がステージ2以下になってから再開」との意見が出ています。

そう考えると感染が落ち着いている地域では、先行して再開されるでしょう。

やはり旅行需要が高まるGW前に再開に踏み切る可能性が出てきます。

ですが、全国で再開されても、東京都は感染者数が多いことから除外されるはずです。

そこで思い浮かぶのが東京オリンピックです。

すでに海外からの観客受け入れを断念し、宿泊業者がさらなる苦境に立たされることが予想されています。

それを救う意味でも7月に、東京都を目的地としたGoToトラベル再開の可能性が高そうです。

東京のGOTOトラベルキャンペーンについて

GoToトラベルキャンペーンですがそれとは別に、各都道府県独自の観光刺激策があります。

東京都でも東京都民の都内旅行に補助金を出す「もっとTokyo」を行っていました。

都民割引として1泊5,000円の補助がもらえますが、GoToトラベルキャンペーン一時停止とともに中断されています。

現状では2021年3月31日までに出発する都内旅行は「もっとTokyo」の対象外です。

しかし、緊急事態宣言解除で「もっとTokyo」は予定通り4月1日から再開されるかもしれませんね。

また、「もっとTokyo」とは別に、独自に東京都民限定割引を行なっているホテルもあります。

気になる方はぜひチェックしてみてください。

まとめ

今回は、

東京のGOTOトラベル再開の期間はいつから?除外はいつまでなのかについても

といった内容を紹介しました。

東京都に対する緊急事態宣言解除で、早くも東京都民はGoToトラベル再開に関心を寄せています。

しかし感染拡大を抑えるため、再開の見通しは立っていません。

一方で東京オリンピック開催は決定的となっています。

国内客のみで開催となれば、東京以外からの人の流入を増やしたいところでしょう。

おそらく、感染が落ち着いている地域では、GWに合わせてGoToトラベルを再開。

東京都ではオリンピック開催の7月に合わせて再開となるのではないでしょうか。

感染拡大は防がなくてはいけませんが、同時に経済も動かさなければならないので、待ち望んでいる方はとても多いのが現状です。

いずれにしろ感染状況次第ではありますが、今後も注視していきたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です