ツイッタースペースのできない時の対処法は?表示されない原因や理由・使えない時の解決方法についても!

今、巷で話題のTwitterスペースが大人気ですね。

2021年に登場したクラブハウスとに並んで、音声版「Twitterスペース」の登場です。

音声を使ってリアルタイムで会話ができる新機能は重宝しますよね。

コロナ禍で雑談の機会が減ったせいでしょうか?すでに多くの人を魅了し、これからさらに大きくユーザー数を伸ばしていく勢いです。

筆者も早速使ってみたのですが、ツイッタースペースができないということが発生してしまいました。

そこで今回は、

  • ツイッタースペースのできない時の対処法は?
  • ツイッタースペースの表示されない原因や理由・使えない時の解決方法

といった内容で紹介します。

それでは早速みていきましょうー。

ツイッタースペースのできない時の対処法は?

結論からお伝えすると、ツイッタースペースのできないときの対処法は、Twitterアプリをアップデートします。

PCブラウザからはツイッタースペースは利用できないので注意しましょう。

現時点で、ツイッタースペースはiPhone / AndroidのTwitterアプリのみで使用可能となっています。(2021年5月時点)

 

iPhone / AndroidのTwitterアプリが最新でないとツイッタースペースが開けない可能が高いです。

なのでアプリを最新版にアップデートしましょう。

 

iPhoneの方は、AppstoreでTwitterを検索して最新版にアップデートします。

※アプリアイコンの右側が「開く」でしたらツイッタースペースは最新版です。

Androidの方は、Google Playストアを開きメニューアイコン→マイアプリ&ゲームを開きます。

Androidの場合もアップデートがある場合は、アプリが更新と表示させれていますので最新版にアップデートしましょう。

ツイッタースペースの表示されない原因や理由・使えない時の解決方法

ツイッタースペースの表示されない原因や理由は2つあります。

  • Twitterでフォロワーが600人以上でない
  • 非公開アカウントでスペースを利用しようとしている

です。

Twitterでフォロワーが600人以上でない

ツイッタースペースをホスト(主催者)で使うにはフォロワーが600人以上いないと立ち上げることができません。

※アプリを使用してもツイッタースペースは利用することはできますが、ホスト(主催者)になるという機能は使えませんので注意してください。

理由としては、Twitter社が600人以上の聞き手(フォロワー)がいないと、ライブ音声には適していないと考えているからです。(2021年5月現在)

なので、ライブ音声をしたい場合は、フォロワー600人以上を目指しましょう。

ツイッタースペースは始まったばかりですが今後もしかすると、この600人という制限が下がる可能性もあるかもしれませんね。

非公開アカウントでスペースを利用しようとしている

非公開の鍵アカウントでは、スペースをホスト(主催で)始めることはできません。

なのでツイートを非公開から公開にしましょう。

非公開の鍵アカウントでも、他のアカウントが主催しているのツイッタースペースへ参加自体はできます。

※非公開の鍵アカウントでの参加は、他の参加者に表示はされます。

h

まとめ

今回は、

ツイッタースペースのできない時の対処法は?表示されない原因や理由・使えない時の解決方法についても!

といった内容を紹介しました。

ツイッタースペースでは今後、スケジュール機能や、有料のチケット制も追加される予定です。

ホスト(主催者)はチケットの金額や参加人数を設定することができるようにもなりそれが新しいビジネスにも発展しそうなのが、今から楽しみですよね。

また、スペースのスケジュール設定やリマインダーも今後追加が予定されてます。

ますます、音声SNSに注目が集まり今後が楽しみです。

 

コロナ禍で人との繋がりが薄れているため、雑談の機会に飢えている新感覚音声SNSアプリをぜひ体験してみてくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です