世界で一番難しいルービックキューブは?揃え方の裏技も解説!

世界で一番難しいルービックキューブは?揃え方の裏技も解説!

ルービックキューブの普及はかなりのもので、世界中で数十億人以上が挑戦し、その独特の魅力に引き込まれています。特に、近年では新たな挑戦が注目を集めています。

この記事では、ギネス記録に認定されている世界最難関といわれるルービックキューブに焦点を当て、その解法や挑戦に迫ります。

難しいルービックキューブの特徴

通常の3x3x3とは異なり、17x17x17という異次元の大きさと複雑な形状を持つ特殊なルービックキューブが存在することはご存知でしょうか?

これがギネス認定もされている世界で最も難しいルービックキューブといわれています。

この高難易度なルービックキューブは、その大きなサイズだけでなく、緻密な機構や膨大な数のピースが揃える難しさを孕んでいます。挑戦者にとっては真の試練となります。

ルービックキューブの基本揃え方

ルービックキューブの基本の揃え方は、まず同じ色の面を揃えることから始めます。初心者向けには、クロス法と呼ばれる手法があります。この方法では、まず中心ピースを揃え、その周りにエッジピースを揃えていきます。そして、コーナーピースを揃え、最終的に残りのエッジピースを配置します。この手法をマスターすることで、初めてのキューブでも論理的な手順に基づいて揃えることが可能です。

繰り返しの練習を通じて、基本の揃え方をスムーズに実行できるようになります。ルービックキューブ 揃え方 アプリなどを活用して練習すると良いでしょう!

ルービックキューブの裏技の紹介と解説

ここから、ルービックキューブ 揃え方 裏ワザを紹介していきます。まず、ルービックキューブを揃える事前知識として、キューブには3つの種類をまず覚えましょう。

センターキューブは動かない固定部位で、コーナーキューブはバラバラに動きながらも常にコーナーに位置します。

サブキューブはコーナーキューブとコーナーキューブの間にあり、動きながらもサブにのみ位置します。

色の配置はセンターキューブに注目し、上面が「白」、前面が「青」の場合、右面は「橙」、左面は「赤」、後面は「緑」、下面は「黄」です。これらの配置は決まっており、キューブの種類や色に注目すると効果的です。

ルービックキューブの揃え方 概要

  1. 1面を構築(サブキューブのみの十字)
  2. 1面を構築(コーナーキューブを配置して1面完成)※ ここで1面(通常は白面)と上段が揃います(1面を上面にすると上段も揃っています)。
  3. 前/後/左/右の面のサブキューブを整える※ これで1面と下段と中段が揃います。
  4. 上面を整える※ ここで1面と下段と中段と上面が揃います。※ 残るは前/後/左/右の面の上段のみ。
  5. 前/後/左/右の面の上段を整える

結論

世界で最も難しい17x17x17のルービックキューブに挑戦するには高度な技法や基本の揃え方を習得する必要があります。難易度の高いキューブはサイズや形状が通常のものとは異なり、解法にはアドバンストな裏技が求められるようです。ルービックキューブキューブを揃えるコツとしては、キューブ動きを理解し、色の配置に注目しつつ慎重に揃えていくことがポイントです。基本揃え方や裏技をマスターすることで、難関キューブに立ち向かうスキルを向上させ、挑戦の成果を得ることができます。